Rinus Van de Velde | RINUS VAN DE VELDE | LET THE ENGINE RUN
KÖNIG TOKIO | 22.1.–23.2.2020
RINUS VAN DE VELDE
LET THE ENGINE RUN
22 JANUARY – 23 FEBRUARY 2020
KÖNIG TOKIO
OPENING: 21 JANUARY 2020, 6 – 8 PM

KÖNIG GALERIE is proud to launch its second exhibition at KÖNIG GALERIE Tokyo:Rinus Van de Velde’s first solo show in Japan, presenting his new, small-formatcolour-pencil drawings.

For many artists, painting is a means of self-exploration. Portraying aspects ofthemselves, they adopt telling roles and fictional identities within the scenes theydepict, presenting their own alter egos. The same is true of Van de Velde, whoseworks present elements of himself in various roles and contexts. Citing a familiargrand motif, he’ll deflate and contradict it with a small format and laconic title;evoking great artists, he’ll integrate them or their ideas and works into his images;freezing his various scenes in time, he creates images like stills from a film.

This exploration of the self has also been an element of Van de Velde’s previous works, in which surreal characters represent facets of his own existence. These parallel existences allow the artist to construct further loops and fictions thatsometimes become stage sets for ensuing meta-stories and alternative narratives. His meanderings between the real and the constructed are encapsulated in the captions of his images, which suggest a possible decoding of his pictures but ultimately serve as commentaries on his own, concealed temporal or mental world. The world ofunseen aspects of Van de Velde’s self is revealed through works of self-reflectionand self-representation, which, rather than necessarily documenting his status asan artist, expose his character and artistic inspiration, layer by layer, producing‘para-portraits’ of the artist observed — be it Van de Velde himself or anotherpainter who inspired him. His playful and unconscious mind, imagination and memorytake centre stage as a factual part of the biography of an artist who describeshimself as “in two states of being”, where there is very little difference between reality and fiction — “even in broad daylight”.

Born in 1983 in Leuven, Belgium, Van de Velde is currently based in Berlin andAntwerp. His solo shows include The Colony, at KWM Art Centre Beijing (2019); NowI am the night of nights, at Kunstpalais Erlangen (2018); Rinus Van de Velde, atGemeentemuseum (2016); Donogoo Tonka, at SMAK, Ghent (2016); Kunsthalle Sao Paolo(2015); and CAC Malaga (2013). Upcoming one-person exhibitions will be held at KunstmuseumLucerne, FRAC Pays de la Loire, Nantes, and BOZAR – Centre for Fine ArtsBrussels, Belgium. Rinus van de Velde was included at group shows in internationalinstitutions such as the Hayward Gallery, UK (2018-2019); Kunstmuseum Luzern (2018);Kunstmuseum Gelsenkirchen (2018); CAFA Art Museum Beijing, China (2014); and NanzukaUnderground Gallery Tokyo (2011).
ケーニッヒ・ギャラリーは東京での展覧会第二弾として、小型の色鉛筆作品によるリナス・ファンデ・ヴェルデの日本初個展を開催致します。

多くのアーティストにとって、ペインティングは自己探求の手法であるといえます。自身のなんらかの側面を表現することを通し、彼らは描かれた場面の中で役割や虚構のアイデンティティを用いて異なる人格を呈します。それは、さまざまな役割や文脈をもって自身の要素を提示するファンデ・ヴェルデの作品においても同様です。ファンデ・ヴェルデはよく知られた壮大なモチーフを参照し、それらを簡潔なタイトルと小型フォーマットによって収縮させ、否定します。彼は巨匠画家を彷彿とさせるアイディアや作品を自身のイメージに融合させ、またさまざまな場面を静止することで、映画のスチル写真のようなイメージを創り出します。

この自己探求は、超現実的なキャラクターたちが作家自身の存在の様相を表現するファンデ・ヴェルデの過去作品においても、構成要素の一つになってきました。これらの現実と平行する存在は、メタ・ストーリーやオルタナティヴ・ナラティブが発生する舞台となるループや虚構の構築を可能にします。現実と架空を行き来する作家の曲折は、作品の解釈を示唆しながら究極的には作家自身の隠された現世的・精神的世界についてのコメンタリーとして機能している、各イメージのキャプションに集約されています。作家の自己における不可視な要因から成る世界は、自己反省と自己表現の作品を通じて明かされますが、これは必ずしも作家のアーティストとしてのステータスを記録するものではなく、作家自身の性格や芸術的インスピレーションを一つひとつ発露させるもので、ファンデ・ヴェルデ自身やインスピレーションとなった画家の「パラ・ポートレイト」を生み出すのです。彼の遊び心に溢れた無意識的な精神世界、想像力、そして記憶は、自らを「白昼でも」現実と虚構に大きな違いがなく「2つの状態に存在している」と形容する作家の活動の中枢を担います。

リナス・ファンデ・ヴェルデ(1983年、ベルギー、ルーヴェン生まれ)は、現在ベルリンとアントワープを拠点に活動を行う。主な個展に、「The Colony KWM Art Centre」(北京、2019)、「Now I am the night of nights」(エアランゲン芸術宮殿、2018)、「Rinus Van de Velds」(デン・ハーグ市美術館、2016)、「Donogoo Tonka」(ゲント現代美術館、2016)、クンストハレ・サンパウロ(2015)、マラガ現代美術センター(2013)などが挙げられる。現在、ルツェルン美術館、FRAC Pays de la Loire(ナント)、BOZAR – Centre for Fine Arts(ベルギー、ブリュッセル)で個展を開催予定。またヘイワード・ ギャラリー(2018-2019)、ルツェルン美術館(2018)、ゲルゼンキルヒェン美術館(2018)、CAFA Art Museum(北京、2014)、NANZUKA(東京、2011)といった国際的な機関でのグループ展にも参加。