JUERGEN TELLER | HEIMWEH | KÖNIG TOKIO | 9.11.2019–11.1.2020

JUERGEN TELLER
HEIMWEH

10 NOVEMBER 2019 – 11 JANUARY 2020

OPENING: 9 NOVEMBER, 5 –6:30 PM


KÖNIG GALERIE is delighted to present the work of Juergen Teller as the inaugural exhibition at its new space named KÖNIG TOKIO at MCM Ginza Haus I, Tokyo.

Heimweh centres on the concept of homesickness, a re-evaluation of Teller’s German identity and his position as a European immigrant to the UK in the midst of the ongoing Brexit uncertainty.

One of the most defining works within the exhibition is a portrait of Kristin Scott Thomas wearing the ‘EUnify’ hoodie from the KÖNIG SOUVENIR range. Shot with Teller’s typically honest approach, her unrelenting, hollow eyed stare embodies the sense of shock and disbelief at the UK’s prospect of departure.

This openness and authenticity when capturing his subjects is fundamental to the success of Teller’s practice. Marking their ten-year friendship that evolved after Teller took Johann König’s portrait for a Russian magazine that was never published, this exhibition dwells on König’s admiration for Teller’s ability to “make everyone equal” with his “no frills’ snapshot aesthetic.

Hence we see Kim Kardashian, the social media star, attempting to scrabble her way up a dirt bank outside the sixteenth century Chateau d’Ambleville near Paris. This unexpected scenario, taken from the Kanye, Juergen and Kim story that was produced as a supplement for System magazine in 2015, emphasizes her celebrated physique whilst foregrounding an animalistic intent of the pursuit of beauty and fame. In another work, the commodity of fashion as something to be constantly consumed is evident in the humourous image of an orange hot-dog figure adorned with a Saint Laurent briefcase and ankle boot. Originally shot for Barney’s Spring/Summer 2014 campaign, this photograph was more recently featured in Teller’s Handbags book, published by Steidl (2019).

Teller’s self-portrait on the cover of the special edition of the gallery magazine KÖNIG plays with his ability to parody the desire for perfection that is so implicit within the fashion industry by critiquing his own appearance to a comic extreme. This sense of humour, curiousity and self-introspection is evident in Armpit, Paris (2018) a candid iPhone image of sweaty brown hair that is enlarged beyond recognition. Its intimate abstraction echoes with the vibrant green mossy woodland of Paradise II, Canada (2017) or the tangled mass of Bicycles No.1, Göttingen (2019).

Indeed, the twelve large-scale photographs demonstrate the breadth of Teller’s output, from the disembodied glamour of the Saint Laurent Spring/Summer 2019 campaign, to the tender portrait from a children’s hospice, to immersive land-scapes and surprising beautiful still lives that seek to create intriguing narratives.

The accompanying grid of forty-eight double page spreads, entitled Wieso (2019) reworks the original layout of October issue of German Vogue; replacing fashion models with autobiographical images that reflect upon Teller’s German identity. The carefully selected images depict the country’s landscape, architecture and food, old family snapshots and infamous portraits of his mother, Irene, along-side self-portraits - including Self-portrait, 6th consecutive title, Bayern München, London (2018) from the beer pouring series. It is this recognition of Germaness that Johann König draws upon in his introduction to the latest KÖNIG issue – the Heimweh of the “wood paneling and beer, the cosy fairytale parlor, the forest, Bavarian Munich, sausage [and] deer antler trophies” that unites and represents Teller’s artistic vision.

About Juergen Teller

Juergen Teller (b. 1964, Erlangen, Germany) studied at the Bayerische Staats- lehranstalt für Photographie in Munich, before moving to London in 1986. Navi-gating both the art world and commercial photography, he has shot campaigns for brands such as Celine, Louis Vuitton, Marc Jacobs, and Vivienne Westwood and editorials for a variety of magazines, including Arena Homme Plus, Pop, Purple, System and W. In 2003, Teller was awarded the Citibank Prize for Photogra-phy, and, in 2018 he was awarded the Special Presentation ICP Infinity award. Major solo exhibitions of his work have been held at Garage Museum of Contem-porary Art, Moscow (2018); Kunsthalle Bonn, Germany (2016); DESTE Foundation, Athens (2014); Institute of Contemporary Art, London (2013); König Galerie, Berlin (2011); Daelim Museum, Seoul (2011); Dallas Contemporary, Texas (2011); Le Consortium, Dijon (2010); and Fondation Cartier pour l’art Contemporain, Paris (2006). In 2007 was asked to represent the Ukraine as one of five artists in the 52nd Venice Biennale. Teller’s work has been acquired by numerous inter-national collections, including the Fondation Cartier pour l’art Contemporain, Paris; International Center for Photography, New York; National Portrait Gallery, London and The Olbricht Collection, Berlin. He was a Professor of Photography at the Akademie der Bildenden Künste Nürnberg from 2014-2019.

You can also view his work in Araki/Teller, Life & Death at Artspace AM, Tokyo (11th November - 15th December 2019).




MCM Ginza Haus 1
銀座3-5-4 十字屋ビル 1F, Chuo 104-0061
ケーニッヒ・ギャラリーは、東京のMCM銀座Haus Iでのスペースのオープンを記念して、ユルゲン・テラーの個展を開催致します。
「Heimweh」は、ホームシックというコンセプト-作家自身のドイツ人としてのアイデンティティ、およびブレクジットをめぐる不安が取り巻くイギリスにおけるヨーロッパ移民としての立ち位置の再考-を中心に展開します。
本展を最もよく表す作品として、KÖNIGショップの「EUnify」のフーディーを着たクリスティン・スコット・トーマスのポートレートが挙げられます。作家の真っ直ぐなアプローチによって、彼女のゆるぎない、
しかしどこか虚ろな眼差しは、来るイギリスのEU離脱に対するショック、そして不信の念を体現します。
被写体を捉える際のこのようなオープンで誠実な姿勢は、テラーの実践における成功の礎石といえます。未出版に終わったとあるロシアの雑誌のため、テラーがヨハン・ケーニッヒのポートレートを撮影して以来10年間に渡り育まれた友情を通して、本展は、「気取らない」スナップショットの美学によって「全ての人々を平等に」するテラーの能力へ向けた、ケーニッヒの称賛に主眼を置きます。

まずソーシャル・メディアのスターであるキム・カーダシアンが、16世紀にパリ付近に建立されたシャトー・ダンブルヴィルの外側の汚い土手をよじ登ろうとしている作品に目を向けてみます。この思いもよらないシナリオは、もともと2015年に雑誌『System』の増刊用に提案されたカニエ・ウェスト、テラー、そしてキム・カ ーダシアンによるストーリーから取られたものですが、そこでは彼女の豊満な身体が強調される一方、美と名声を求める動物的な意図が前景化されています。またサンローランのブリーフケースやアンクルブーツで装飾されたオレンジ色のホットドッグの人形をモチーフとしたユーモアのある写真では、ファッションが絶えず消費されるモノとして表象されています。この作品はもともとBarneysのSS14のために撮られたものでしたが、最近では2019年にSteidl社から出版されたテラーの作品集「Handbags」でもフィーチャーされています。
「KÖNIG」マガジン特別版の表紙を飾るテラーのセルフ・ポートレートでは、ファッション産業において見え
ない形で通底している完璧さへの欲望を、コミックのような過激さをもって自らの容姿を批判することでパロディーとして扱っています。このような作家のユーモア、好奇心、そして内省は、iPhoneによって撮られた、一瞬それとは認識できないほど拡大された汗ばんだ茶色の脇毛を写した作品である「Armpit, Paris」

(2018)においても自明です。このような親密さを感じさせる抽象性は、生き生きと繁る緑の苔に覆われた土地を写した「Paradise II, Canada」 (2017)や、複雑に入り組んだ大量の自転車の写真を捉えた「Bicycles No.1, Göttingen」(2019)においても反響されます。
事実、ケーニッヒによって選ばれた12枚の巨大スケールの写真作品は、サンローランのSS19の広告写真における身体性から切り離された色気から 、 子どものホスピス施設での心温まるポートレートまで、さらには吸い込まれるような風景写真やナラティブを追求した驚異的な、美しい静物写真まで、どれもテラーの表現の息吹を明示します。
2019年に制作された見開き48ページの作品「Wieso」は、ドイツ版『Vogue』の10月号のオリジナル・レイアウトを再構成したもので、ファッションモデルを、ドイツ人としてのアイデンティティを省みた 、 自身にまつわるイメージへと置き換えています。丁寧に選ばれたイメージたちは、セルフ・ポートレートに加え、田舎の風景や建築物、食べ物、古い家族のスナップ写真、そしてよく知られた彼の母アイリーンのポートレートなどを描き出し、さらにはビールを注ぐシリーズ作品 や 「Self-portrait, 6th consecutive title, Bayern München, London 2018」 を含みます。
ヨハン・ケーニッヒがKönigマガジン最新号のイントロダクションで思い描いているのは、まさしくこのドイツ人としての自覚-テラーの作家としてのヴィジョンをつなげそして表象する、「木の板、ビール、居心地がよくておとぎ話のような空間の客間、森、バイエルン州のミュンヘン、そしてソーセージと鹿の枝角の壁掛けオブジェ」への郷愁の念なのです。

プロフィール

ユルゲン・テラー(1964年、ドイツ、エルランゲン生まれ)は、ミュンヘンのBayerische Staatslehran-stalt für Photographieで学んだ後、1986年にロンドンに拠点を移す。
アート、商業写真の世界を先導するテラーは、これまでにセリーヌ、ルイ・ヴィトン、マーク・ジェイコブスやヴ ィヴィアン・ウェストウッドといったブランドの広告写真に加え、『Arena Homme』、『Plus』、『Pop』、『Purp-le』、『System』や『W』を含むさまざまな雑誌のエディトリアルを手掛ける。2003年に「Citibank Prize for Photography」を受賞し、2018年にはニューヨーク国際写真センター(ICP)主催の「第34回インフ ィニティ賞」を受賞。主な個展に、ガレージ・ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート(モスクワ、2018年) 、ブンデスクンストハレ美術館(ドイツ、2016年)、DESTE Foundation(アテネ、2014年)、インスティテュ ート・オブ・コンテンポラリー・アーツ(ロンドン、2013年)、ケーニッヒ・ギャラリー(ベルリン、2011年)、デリム美術館(ソウル、2011年)、ダラス・コンテンポラリー(テキサス、2011年)、ル・コンソーシアム(ディジョン、2010年)、カルティエ財団現代美術館(パリ、2006年)などが挙げられる。2007年の第52回ヴェネツィア・ビエンナーレでは、ウクライナ館代表作家5人のうちの1人に選出。作品郡は、カルティエ財団現代美術館

(パリ)、ニューヨーク国際写真センター(ICP)、ナショナル・ポートレート・ギャラリー(ロンドン)、オルブリヒト・コレクション(ベルリン)など、多数の美術館および国際的美術機関にコレクションされている。2014年から2019年にかけて、ニュルンベルク美術アカデミーで写真科の教授を務める。
彼の作品は、東京のアートスペースAM にて開催される「Araki/Teller, Life & Death」(2019年11月11日~12月15日)でも展示される。




MCM Ginza Haus 1
銀座3-5-4 十字屋ビル 1F, Chuo 104-0061